地域ヘルスケア国際連携研究会 セミナー

同時改定、地域ニーズ、機構データを踏まえた今後の病院経営・地域医療を考える」(5/18 開催済み)
今年4月の医療と介護の同時改定や今後の制度・地域ニーズの変容を踏まえた病院運営について
「病院運営」、「病院財務」、「病院経営研究」の3つの切り口から読み解きます。地域包括ケア
構築が本格化し、人口動態、医療・介護ニーズ、各制度が大きく変わっていく中、持続的かつ地域
に支持される病院を創っていくためにはどの様な先読み、対応が必要か、東京医科歯科大学内での
研究会を今回病院経営者の皆様への公開セミナーとして実施し、データ、事例などを交え、皆様と

一緒に考える会にできました。全国各地よりのご参加ありがとうございました。

    研究会 会長 中村桂子教授 挨拶        住田院長 講演                 会場の様子


 福祉医療機構 上村チームリーダー 講演  東京医科歯科大学・ファースト・ヘルスケア 杉村社長 講演
日 時
  2018年5月18日(金) 15時〜18時 (開場14時30分)
場 所
  お茶の水医学会館9階 大会議室 (国立大学法人 東京医科歯科大学・医科同窓会会館 )
     東京都文京区湯島1-5-34
参 加 料
  無 料
対 象
  全国の病院経営者(理事長・院長・事務長等)等
セミナープログラム
 15:00〜15:10  主催者挨拶
 15:10〜16:00  「地域ニーズを踏まえた病院運営」
 独立行政法人 地域医療機能推進機構(JCHO)
 四日市羽津医療センター院長 住田安弘 先生

 (地域包括ケアの取り組みが進んでいる)
 16:10〜17:10  「診療報酬・介護報酬同時改定と機構のデータから見る病院の経営
 動向、今後の経営のポイント」

 独立行政法人 福祉医療機構 経営サポートセンター
 コンサルティンググループ チームリーダー 上村 知宏 氏

 (政府系医療金融機関において数多くの病院財務に携わる)
 17:10〜18:00  「収益改善の具体的な方策・事例、地域での共生」
 東京医科歯科大学 非常勤講師・ファースト・ヘルスケア株式会社
 代表取締役社長 杉村 正樹 氏、他

 (数多くの病院経営事例、経営改善に携わる)


主 催
  地域ヘルスケア国際連携研究会
   会 長 国立大学法人 東京医科歯科大学 医歯学総合研究科 教授 中村桂子
   事務局 一般社団法人 国際事業総合研究所
   メール info@ri-e.org   TEL 03-6682-5933
アクセス

  東京都文京区湯島1-5-34 お茶の水医学会館(東京医科歯科大学OB会館) 9階大会議室
   http://www.ochanomizukai.gr.jp/access/
次回予告 今秋 「医療介護における外国人人材セミナー」(予定)